小型ゲーミングPCの温度を低くする方法

人気の小型ゲーミングPC

ゲーミングPCと言えばハイタワー、ミドルタワーのPCケースのイメージですが、小型でスリムなPCケースでのゲームPCを紹介いたします。やはり、部屋にドドーンとPCがあるのは嬉しい反面見栄えが悪く感じるときがありますし、できれば省スペースでありたいこともあります。

パソコン工房 LEVEL∞

幅178mm×高さ260mm×奥行368mmという小さな外寸が非常に嬉しいです、レパートリーも多くcorei3〜corei7までグラボも様々な仕様に対応しております。

ドスパラ ガレリアSG 

幅105mm×高さ382mm×奥行350mmという薄型ボディですが、 Core i7-4790搭載、NVIDIA GeForce GTX980 とハイスペックです、ただしお値段も高価ではあります。

DELL alienware-alpha

幅203.2 mm×高さ76.2 mm×奥行203.2 mmと、こちらも薄型ボディでゲーム機と見間違うかのようなデザインとなっており、インテリア性も高いものとなっております。CPUはCorei7-4765T、グラフィックボードは GTX GPU 2GB GDDR5と少々他のPCより見劣りいたしますが、その分価格がかなり安価になっております。少しサイズが大きくなりますが、デスクトップタイプもあります。

どうしてもゲーミングPCおすすめとなると拡張性や冷却効果などを考慮して大型なタワー型になってしまいますが、さがせば小さなPCもあります、大型PCも良いですが省スペースはできるだけしたいとうのも心情です。

小型PCでも空気循環が良く、冷却が見込めるところであれば、小型PCでも十分働いてくれますので、ハードゲーマーでなければ、部屋をスタイリッシュにしたい人は小型PCも考慮に入れてみてはいかがでしょうか?

大型PCもロマンがありますが、どうしても邪魔になってしまうこともあります、今後も小型ハイスペックパソコンの種類が増えると良いと思います。

CPUクーラー 大型、小型などの選び方

最近猛暑が続いて、PCもファンが唸り声を上げる日々がやってきております。
PCケースについて、何気なくいつも稼動させているCPUクーラーですが、これを交換したらもっと排熱効率があがったりすることをご存知でしょうか?
そんなに簡単に交換できるものなの?と感じる方もいらっしゃると思いますが、要点を抑えておけば簡単にだれにでも交換できます。
まず、パソコンにてCPUファンが交換できるものかどうかを確認します、メーカー性のパソコンだと、PCケースをあけてしまうと保証対象外になってしまう場合があるのでご注意ください。
CPUファンがガッチリ固定などなく取り外しできるようでしたら(インシュロックでとまっている場合はインシュロックを配線を切断しないように取り外してください。)電源ユニットからのコネクタと、CPUファンのサイズを確認してください。
CPUファンの規格は80mm、90mm、120mmと統一されているので、同じサイズのものを購入しましょう。
また、規格以上にCPUに設置されているファンの奥行きも確認し、取り付けられるスペースがあるようでしたら、ヒートシンクと言われる放熱板が大きいものを取り付けるとより排熱効率が上がります。
ただ調子にのって大きすぎるものを購入してしまい、取り付けられない・・・なんてことのないようにしてください。
あとは、使用する電源ユニットについている電源のコネクタの規格も3ピン、4ピンとあるので再度確認し、全て問題ないものを購入しましょう。
最近では、ギリギリまでヒートシンクを大きく、そしてファンの枚数を増加させている高冷却性能のCPUファンもあります、ただ大きければ良いというものでもないので、最近では薄型で排熱効率のよいものもあります。
より良い高性能CPUファンを取り付け、この猛暑をPCと一緒に乗り切って生きたいものです。